妊娠線予防のケアグッズ、いつからつける?

女性の体は妊娠すると、体内でいろいろ変化し、
初めての妊娠の場合は特に不安になったりすることが
多いことと思います。

妊娠すると、妊娠線というものも気になりますが、
妊娠線予防は早めに始めると効果があるそうです。

それでは、妊娠線予防のオイルやクリームは、
いつからつけるのが効果を発揮する方法なのでしょう?

そして、いつまでどのくらいの期間、
つければ良いものなんでしょう?

ここでは、これらについて調べてみました。

妊娠線予防のクリームなどを購入してみたけども、
いつからつけるのかも本当はよくわかっていない、
という方などは、参考にしてみると良いですよ。

あなたのお役に立てれば嬉しいです。

〇妊娠線予防のタイミングとは?

・いつ妊娠線は出来やすいの?

妊娠線予防のオイルやクリームなどは
いつからつけるのかということの前に、
妊娠線はいつ頃出来やすいのか?ということを知りましょう。

人によって差はありますが、早くから出来る方もいれば
妊娠後期まで出来なかったという方もいるので、
いつからいつまでに出来る、とはっきり言うことは出来ません。

でも、だいたい目安として言われているのが
安定期に入った5ヵ月目くらいから、
急にお腹は大きくなりますので、体重も増えることが多いです。

このタイミングで、妊娠線が急に出来てしまうという方が
多いようなんです。

・クリームやオイルはいつからつけると良い?

早い方は、4ヵ月目頃から妊娠線が出来始めた、
という方もいるんです。

なので、もしものことを考えるのであれば
妊娠初期から妊娠線予防を行うと安心出来ます。

でも、妊娠初期は体のいろんな変化があって、
つわりや体調不良などで余計なことはあまり出来ません。

ということから、この辛い時期に自分の負担になるくらい
妊娠線予防に一生懸命になる必要はないと思います。

体調が良い時などに、ちょっとマッサージをしてみたり、
クリームやオイルを付けてみたりして、
妊娠中期や安定期頃には、習慣になっているという感じが
一番良いでしょう。

・いつまで続ければ良い?

妊娠中期からしっかりと妊娠線予防を始めたとしたら
いつまで行うと良いのでしょうね?

いつからつけるのかというのはだいたいわかりましたが、
いつまでつけるかというのは体質によって異なります。

通常、妊娠線が出来てしまったとしても
1年程で改善することも多いと言われているので、
不安な方は産後も半年から1年ほどはケアを続けると
良いと思いますよ。